納骨堂が倒産したら?

納骨堂が倒産したら? お墓の管理をする人がいないなどの理由から納骨堂に遺骨を納める方が増えていますが、納骨堂を管理しているのは宗教法人や株式会社などの業者となりますので、霊園の経営が悪化して倒産する可能性は否定できません。
そのため、利用者にとっては納骨堂が倒産したら遺骨はどうなるのかという不安を持つ方もいることでしょう。
基本的に地方自治体が運営する公的な霊園や檀家を持つ寺社が運営している霊園であれば、経営悪化で潰れてしまう心配はほとんどありません。
ですので、こうした心配は民間企業が運営している霊園に限られてきます。
では、民間企業運営の霊園が倒産した場合、遺骨はどのように扱われるのかというと、一番に考えられるのが遺族への返却です。実際に遺骨の返却が行われた例もあります。
また場合によっては、他の企業が引き継いで、新たな契約と共に納骨が続けられるというケースもあります。
どちらにしても急にそのようなことになると対応が大変ですので、納骨する前に経営が安定しているかどうかをしっかり調べることが重要です。

納骨堂を始めるには認可が必要

納骨堂を始めるには認可が必要 墓地や納骨堂は国民生活とって必ず必要なものであり、営利目的でない公共性の高い施設です。その為永続性及び非営利性を確保する必要があるので、墓地・納骨堂を経営できるのは原則的に地方公共団体です。それ以外では宗教法人や公益法人が認められています。
都道府県知事等が特別に認めない場合は、原則上記3つしか経営できません。それを踏まえた手順としては大きく4つに分かれます。まず最初に知事等と経営計画について協議します。そして経営計画の周知を近隣住民に説明しなければなりません。この説明会の開催状況も知事等に報告する必要があります。
近隣住民からの意見があった場合は適宜協議する必要があり、その報告書も許可申請を行う場合添付します。申請して認可されれば納骨堂を経営する事ができます。
以上の様に公共性が高い墓地や納骨堂ですが、開始には多くの時間が必要です。大半は近隣の方への説明・理解になります。認可されるまで、上記の過程がいます。

新着情報

◎2018/3/12

納骨堂が倒産したら?
の情報を更新しました。

◎2017/12/20

納骨堂へお参りに行く時間帯は?
の情報を更新しました。

◎2017/9/27

手続きに必要な書類
の情報を更新しました。

◎2017/5/17

サイトを公開しました

「お寺 経営」
に関連するツイート
Twitter

吉原でお店を経営している家の月回向に行ってたお坊さん。 気が合い施主とお酒も一緒に飲む仲に。 その調子でお店も格安で利用してました。 その家のお母さんが亡くなった時、施主さんは改宗して別のお寺に頼んだとの事。 大切な人へのお経は煩悩まみれの僧にしてほしくなかったそうです。 実話です。

Twitterテンションの低いお坊さん@LowLow_tension

返信 リツイート1 43分前

まっくろ企業の経営者ってそういうの多いし、 俺のよくしっていた経営者、とあるお寺に寄進すごくて、寺で有難い話して、住職とも仲良くしてて、会社の方針は仏教の教えに...なんてこといってて疑ってなかったが 俺は、そのうち仏様に蹴とばされんじゃねえかな…とは思ってたな

返信先:@dhayashi197676 そんな事があったのですか! いやいや僕は該当しませんが それは差別的な。幼稚園はどうなのでしょう。お寺さんが経営して るのは。遅い時間だし無理はなさらぬ様。

TwitterTECNO HIRO NHKをぶっ壊す@HiroTecno

返信 リツイート 0:42

私、幼稚園と高校がお寺経営だったけど、そんな話は聞かされなかった。まあ、浄土宗は阿弥陀様だけどね。

Twitter夏コミ(日)西C-52b 壱岐津礼@お茶菓子!!魁@ochagashidouzo

返信 リツイート 昨日 16:40

「孤立した人たちが亡くなっても、悲しんでくれる人は少ないでしょう。これからが本格的な直葬時代です」(ヤフーニュース) 通常の葬儀は数十万~百万以上だが、最近大幅に増えている直葬は10万円台(最安値が12万)なのでコストパフォーマンス的側面が大きいという分析記事。お寺経営に影響がありそう

返信先:@GNbJsjguDwi8WP0 単なる同調圧力だけでなく、檀家側からの要請で跡継ぎをつくらねばならない、と言う問題もあります。そう考えると、現代のお寺は一族経営の株式会社とほとんど同じ構造になっているとも言えますね。 ただ、記事でも書いた通り、良いとも悪いともいえる問題ではないのですが。

Twitter仏教のアレ編集部@honnebose

返信 リツイート 昨日 14:30

ただし、そういう寺院出入りの葬儀屋に聞くと、お寺も強欲な所やいつも威張り散らしている住職がいる所もあり、なかなか難しい。それなら直葬もありかと思う。事前に自家の宗派の寺でまともな所を探し、そこ紹介の葬儀屋に頼むのも一手。最近はお寺経営難なんで、問合わせを歓迎する所も。

返信先:@re1k015他1人 いやホント、いつ何時でもお葬式の依頼電話が入る、ある意味365日24時間な業界を家族経営で切り盛りされてることを思うとお寺の方には頭が下がります😢

Twitterイヴキチ【紐様弐式】@iv_kitchen

返信 リツイート 昨日 11:05

ただでさえお寺経営が苦しいのに、なぜネパールへのボランティア活動を続けるのか?そんな質問を受けます。質問する人の中には、ボランティア活動とは生活に余裕がある人間が、余った時間や余ったお金を利用して誰かを救う為にやる行為という考え方があるようです。(「ボランティアとは」1/10)

返信先:@yokonorist_164他1人 ご指摘ありがとうございます。 取り組まれている事は、昔の寺子屋に通じて地域の役割を担われているとは思いますが、お布施という「お預かり」したお金をお寺やご住職の役割を通して還元していくという意味では『経営』という利益を連想させる言葉に志を感じる記事だからこそ抵抗がありました。