納骨堂にかかるコストの仕組み

納骨堂にかかるコストの仕組み 納骨堂は、骨壺を納めることができる場所で、お墓の代わりに利用するサービスです。
基本的に建物の内部に保管し、ロッカーのようなところに保管場所があるタイプが多いです。
また、中には自動搬出機を使って、礼拝口からアイシーカードをかざすと自動で礼拝堂まで遺骨が運ばれてくるタイプもあります。
これなら、お参りをする場合でも、お墓と同じように遺骨に対して礼拝をすることができます。
納骨堂にかかるコストは、一般的な人利用であれば50万円ほど、家族用であれば100万円程度が目安です。
この費用には永代供養料や永代使用料などが含まれていることが多いです。
その他に年間ごとに別途管理料が1万円前後かかることもあります。
納骨堂の予算を抑えたい場合は、公営のところがおすすめです。
民営に比べると安い料金で利用できます。
最近はお墓のあり方に対する考えが多様化してきて、必ずしも従来タイプのお墓を持たず、納骨堂を利用する方も増えています。

納骨堂にかかる費用の相場について

納骨堂にかかる費用の相場について 遺骨をお墓を納める場合と同じように、納骨堂におさめる場合にもたくさんの費用がかかりますが、その相場は選択する納骨壇のタイプによって異なります。
納骨堂に遺骨をおさめている遺族の多くは、遺骨を1~2体分納められるようになっている納骨壇を使用していますが、このタイプの納骨壇を選ぶ場合にかかる費用は、納骨式までの儀式などにかかる分も含めると50万円前後が相場となります。
一方、家族用として3~4体分が納められるタイプの納骨壇を選ぶと費用の相場は100~120万円程度となり、大幅に高くなります。
たてるのに100万円を大きく超えるお金が必要となる場合が多いお墓に比べて、納骨堂は安い料金で遺骨を納めることができ、その後も管理料を支払い続けていれば、運営者側できちんと管理してくれます。
ただし、納められる遺骨の数には制約があるため、先祖の遺骨がたくさんある場合は、納骨堂に移すのではなく、お墓にそのまま納めておく形にした方が良い場合もあります。

新着情報

◎2018/3/12

納骨堂が倒産したら?
の情報を更新しました。

◎2017/12/20

納骨堂へお参りに行く時間帯は?
の情報を更新しました。

◎2017/9/27

手続きに必要な書類
の情報を更新しました。

◎2017/5/17

サイトを公開しました

「納骨 墓」
に関連するツイート
Twitter

今日納骨しました。 1年待って貰ったし、おに入る事は当たり前で良い事で正しい事なんだけど、 やっぱり正直寂しい。 「これで一段落したね」 「落ち着いくね」 と言われるとまたちょっと複雑な気持ち。 その通りなんだから何も間違ってないんだけどね。 気持ちって難しい

返信先:@watagashi4 最近は日本でも遺骨を自宅保管する人が増えてるらしいよ。埋葬したり納骨したりするの手続き(お金も)が面倒だし、縁がない寺とかに納めても参りとか行かないからって。

Twitter脳内お花畑おじさん🎃はニチアサを励みに生きてる@torikawa_umauma

返信 リツイート 18:27

無事に納骨されました...†┏┛┗┓†

宝寿)私が幼い時に住んでた近所にお寺が有りました。私はおに行ったり、納骨に行っては亡くなっている人と話しをしていました。夜まで話しをしては帰っていました。 #占い

Twitter宝寿(ほうじゅ)@hoojyu__

返信 リツイート 14:21

のお掃除や、お参りの代行、納骨や法事の後の精進落としのお席etc・・・。 松乃家石材店にお気軽にお問い合わせくださいにゃ!

返信先:@barubaru0507 石狩はおがあるから納骨に、 釧路は親戚がいるのです( ¨̮ ) 釧路の親戚と一緒に石狩の用を済ますのです。 遠すぎて遠すぎて… 考えたくない( ˙-˙ )

【なぜ?手元供養?】 私は岐阜県に住み、両親は大阪府にすんでいる。そして、父は次男なのでおはありません。私は一人っ子 ありがちなケース 皆さんどうしますか? お納骨堂? 樹木葬? どこに? 手元供養? ちょっとだけ考えてみませんか? #いいねした人全員フォローする #相互フォロー

Twitter手元供養ドットコム@red_segia

返信 リツイート 12:24

〇大阪のにはまだ(納骨していない)だが、東京にもまだはない、具体的に決まっていない 〇ライターさんは姐さんにも取材トライ 連載は今週で終わり 152頁の読者欄にファンの投稿あり

rt 免許返納しといて運転するとか、そんな老人さっさと納骨してに片付けた方がいい(

...介護のために田舎に帰ってたんだけど、峠道から崖下に堕ちた。ブレーキ痕から、何かの動物を避けようとして堕ちたんだろうと説明された。 祖父は田舎のに納めた。永代供養も頼んである。 父親は、母親と同じ納骨堂に入れた。父親が頻繁に詣れる様に決めた所だ。一人息子の俺を大事に育ててくれた仲の良い夫婦だったから、あの世でよろしくやってくれたら良いと思う。 続きを読む Source: 衝撃体験!アンビリバボー...