このサイトでは、人々の身近に存在する納骨堂のことについてまとめたサイトで、これを閲覧すれば大抵のことを理解することが可能です。
最近は屋内タイプの納骨堂が普及し、天候不順でも雨風に曝されることなく墓参りができる点で優れています。
他のメリットとしてはバリアフリー化やトイレ、冷暖房、照明施設が整い、設備が充実していて快適となっています。
しかも掃除や草抜きといったメンテナンスを一切、必要としないことも屋内タイプの優れている所です。

屋内タイプの納骨堂のメリット

屋内タイプの納骨堂のメリット 屋内タイプの納骨堂は都心部で人気で多くの方にも支持され、野外にお墓が設置されているよりも建物内で墓参りをすることができるため、様々な点でメリットも多いです。
まず風雨の影響を受けずに済むことで、墓石などの劣化や草むしり、清掃・メンテナンスをする必要がありません。
しかも納骨堂内の設備が充実していて、過ごしやすい環境となるため、屋内タイプは人気です。
また納骨堂の存在する場所が都心部の利便性の高い場所に存在し、アクセスしやすいことで仕事帰りや買い物帰りに立ち寄ることもできます。
なお建物内部の空間は綺麗だったり、自分の家の壇が仕切られており、お参りのしやすさもあります。
他にも法要などの仏事を行う場所も存在していることも多く、安心して仏事を行うことができる点でも優れています。

屋内納骨堂なら天候に左右されない!

屋内納骨堂なら天候に左右されない! お墓を持つよりも、納骨堂の方が安価に済むだけでなく、永代供養が付いていてお墓を相続する人がいなくても 供養を永遠にしてもらえます。
さらに、納骨堂にするとメリットとして天候に左右されないというところでしょう。
お墓にすると、都心ではなかなか購入できる金額ではなく、離れた霊園やお寺へ埋葬するしかありませんでした。
しかし、納骨堂にすることにより郊外のお墓よりも近くで済むという事により、下町の人は利用しています。
また、屋内になりますから、傘をささずに来ることができますし、お墓であれば草むしりや墓石の手入れをしなければ なりませんが、納骨堂にすればその必要もありません。
管理をしやすくなりますから、最近ではこのタイプの埋葬方法をとる世帯もあります。
また、数回忌が過ぎたのであれば、合祀という形となりこちらでも永遠に供養をしてくれます。
お寺や霊園によって、合祀になるタイミングは違いますので、もり利用をいずれはしようと考えているのであれば 問い合わせだけでもしてみてください。
インターネットで調べてみるのも良いでしょう。
最近では比較サイトまでありますから、見てどのようなものかを比べてください。
その際には、金額面も比べましょう。

おすすめ関連リンク

全国福利厚生共済会(プライム倶楽部)パンフレット MLM - NAVER まとめ

新着情報

◎2018/3/12

納骨堂が倒産したら?
の情報を更新しました。

◎2017/12/20

納骨堂へお参りに行く時間帯は?
の情報を更新しました。

◎2017/9/27

手続きに必要な書類
の情報を更新しました。

◎2017/5/17

サイトを公開しました

「納骨堂」
に関連するツイート
Twitter

『吸精鬼』(83年):納骨堂で肝試しをしていた女子高生たちが、人間の生気を吸う超能力者のゾンビに襲われる。腐乱ゾンビには『ポルターガイスト』で使用されたプロップを流用した。トム・マクローリン監督。pic.twitter.com/W0VWRQcoo8

RT @zz_saba: セドレツ納骨堂はペストの死者やフス戦争の戦死者の骨が祀られているという事で、マスク被ってる自分としては是非とも訪れたい場所でした。「遺骨を見世物に?」な思いも無いでもないですが、キリスト教の一派であるカプチン派にとって「死を身近に感じる為」とてアリなん…

RT @zz_saba: もしもし私しめ鯖さん、コミケ前日ギリギリにチェコ共和国から帰って来たの。次回の #Distantworlds_sb 用に数万の骸骨で作られたというセドレツ納骨堂や、幽霊のオブジェが並ぶ聖ジョージ教会、その他大聖堂やユダヤのシナゴーグとか撮ってきました。…

RT @kongouji093: 法要後の法話で「昨今の自分中心主義は目に余る。寺内でも納骨堂の線香立てに煙草を。故人が好きだったはわかる。が、吸殻は誰が片付けを。極少数の方だが本堂内で犬や猫を。自分が好きだから皆も、と。参拝者には匂いを嫌う人も、アレルギーの人も。公共の場と個…

リトアニアの十字架の丘 チェコのセドレツ納骨堂 パリのカタコンベ は生きているうちに訪れたい、そんな成長して厨二病が治るどころか悪化した大人です。

RT @kongouji093: 法要後の法話で「昨今の自分中心主義は目に余る。寺内でも納骨堂の線香立てに煙草を。故人が好きだったはわかる。が、吸殻は誰が片付けを。極少数の方だが本堂内で犬や猫を。自分が好きだから皆も、と。参拝者には匂いを嫌う人も、アレルギーの人も。公共の場と個…

RT @kamo1868: 【今日の墓碑銘】 1920年12月6日。ロザリア・ロンバルドが死去。「世界一美しいミイラ」として知られる少女。イタリアの将軍の娘として生まれるが幼くして亡くなった。アルコールや塩化亜鉛を用いた特殊な防腐処置を施されカプチン会の地下納骨堂に今も眠ってい…

Twitterde4027(ダイ4027)@de4027

返信 リツイート 53分前

納骨堂「シュコーッ(知ってるか?恋ってするもんじゃなくて、落ちるものらしい)」 祷々院「そう。地獄と一緒ですね」 形而「…(一体どんな会話をしていたのでしょう…)」

RT @kamo1868: 【今日の墓碑銘】 1920年12月6日。ロザリア・ロンバルドが死去。「世界一美しいミイラ」として知られる少女。イタリアの将軍の娘として生まれるが幼くして亡くなった。アルコールや塩化亜鉛を用いた特殊な防腐処置を施されカプチン会の地下納骨堂に今も眠ってい…

RT @zz_saba: もしもし私しめ鯖さん、コミケ前日ギリギリにチェコ共和国から帰って来たの。次回の #Distantworlds_sb 用に数万の骸骨で作られたというセドレツ納骨堂や、幽霊のオブジェが並ぶ聖ジョージ教会、その他大聖堂やユダヤのシナゴーグとか撮ってきました。…